トップ

<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

(2) 樋口明彦さん、風景デザインって何ですか?-「風景デザイン」は批評の文化である

a0284981_22463386.png

 九州に批評の文化をつくりたい。土木をはじめとする公共事業では、景観上望ましくないものが淘汰される仕組みが存在しない。九州の風景をよくしていくには、デザインがまずいもの、考え方がおかしいものなどをきちんとした批評の場に取り上げて、どこがよくないかをしっかりと論じることが必要だと思う。
 日本人はなぜかおたがいを批評することが苦手だ。師匠や先生のように立場が上の人からならまだしも、同輩や外部の人から意見されると感情的になってしまいがちだ。しかし、それでは今よりもよい状況は見えてこないのではないか。
 以下、樋口が最近目にした事例を槍玉に挙げて「批評」のまねごとをしてみる。

→ つづきはこちら

▽ 執筆者プロフィール
樋口明彦/1958年東京都生まれ。
九州大学大学院工学研究科都市環境システム工学専攻准教授。風景デザイン研究会幹事長。
専門はアーバンデザイン、まちづくり(都市計画)、景観工学。
主な著書は『風景のとらえ方・つくり方』(共著,共立出版)、『川づくりをまちづくりに』(共著,福岡県建設技術情報センター)、『都市の記憶:場所体験による景観デザインの手法Tony Hiss, The Experience of Place, Knopf, 1990』(共訳 井上書院)など。主な受賞歴は土木学会デザイン賞2009最優秀賞「遠賀川 直方の水辺」など。

[PR]
by klda | 2011-11-28 12:10 | 風景の"め"


九州からお届けします。

カテゴリ

全体
風景デザイン便りとは?
風景の"め"
風景の"わ"
風景の"て"
未分類

以前の記事

2014年 02月
2013年 11月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月

最新のトラックバック

風景デザイン研究会について


 絶え間ない実践の中で
 美しい風景を創る


 風景デザイン研究会では、
 様々な活動を行っています。
 http://www.fukei-design.jp

 会員も随時募集しております。

ライフログ


風景のとらえ方・つくり方 -九州実践編-

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧